Home » 髪に悪いこれはNGな習慣 » 誤ったシャンプーの習慣と薄毛の関係
髪に悪いこれはNGな習慣
髪に悪いこれはNGな習慣

誤ったシャンプーの習慣と薄毛の関係

髪に悪いこれはNGな習慣 | 09月14日更新
誤ったシャンプーの習慣と薄毛の関係

日本人は世界で見てもかなり清潔な国民だと言われています。
女性は美しい髪の毛を維持するため、清潔に髪の毛を保つために一日二度以上、シャンプーをされている方が少なくありません。
しかしながら誤ったシャンプーの習慣が、薄毛を作る原因となってしまっています。

洗いすぎによって頭皮に必要な潤いまでもが洗い流されてしまいます。
頭皮の潤いが不足することによって、頭皮は過剰に皮脂を分泌させようとします。
それが毛穴を詰まらせて健康な髪の毛の成長を阻害する要因となるのです。

またシャンプーをするときですが、髪の毛をゴシゴシと洗っている方も少なくありません。
シャンプーで洗うべきところは髪の毛ではなく頭皮なのです。
頭皮に汚れが貯まっているとそれが頭皮や髪の毛のトラブル、嫌な臭いを発生させる原因となってしまうからです。
頭皮にある毛穴には毛根と呼ばれる髪の毛の生える元があります。
頭皮を健康に清潔に保つことが、健康な髪の毛が生えてくるのに欠かせない環境となるのですが、頭皮が清潔に保たれていないと薄毛や抜け毛のトラブルが起こりやすくなるのです。

頭皮の毛穴の皮脂汚れがきちんと落とされないと、毛穴に詰まって酸化していきます。
それが頭皮の毛根にもダメージを与えてしまって、健康な髪の毛の成長を阻害してしまい、薄毛や抜け毛が起こりやすくなってしまうのです。
また、毛穴に詰まった汚れが酸化することで、頭皮から嫌な臭いが発生するようになります。
頭皮をきれいにすることが育毛効果をあげるために重要なのですが、誤った洗い方をしているとそれが却って薄毛や抜け毛を進行させる原因になるのです。
頭皮の汚れを落とすために必要以上に力を入れて頭皮をゴシゴシとこすっていると、頭皮が強くダメージを受けてしまいます。
その結果過剰に頭皮が皮脂を分泌させてしまうことにつながり、頭皮の毛穴を詰まらせやすくしてしまうのです。
それが薄毛や抜け毛を進行させる原因になってしまうのです。

top