髪に悪いこれはNGな習慣
髪に悪いこれはNGな習慣

ストレス習慣と薄毛の関係性

髪に悪いこれはNGな習慣 | 09月28日更新
ストレス習慣と薄毛の関係性

現代はストレス社会です。
誰もがストレスを避けて生活することは不可能なのですが、習慣となったストレスが美容と健康に与える影響は多大にあります。
実は女性に増えている薄毛も、ストレスが関係していると考えられています。
女性が社会進出することで受けるストレスが増大して、それが薄毛などのトラブルを引き起こしているのです。

ストレスが原因で薄毛になりやすくなるのは、女性ホルモンの分泌バランスが崩れるからです。
強いストレスを受けると自律神経が大きなダメージを受けるのですが、自律神経にはホルモンのバランスを整える働きもあります。
これが乱れることによって、ホルモンの分泌バランスも大きく崩れてしまうのです。
女性ホルモンには髪の毛を作る大元となる細胞の働きを活性化して、豊かな髪の毛を作る効果が期待できますので、それが減少することで薄毛や抜け毛が進行しやすくなるのです。

さらには強いストレスを受けると、頭皮が固く緊張した状態になってしまいます。
頭皮が固くなることで、髪の毛の成長に必要な栄養が十分に届きにくくなってしまうのです。
その結果、健康な髪の毛が生えづ鞍なってしまって薄毛や抜け毛が起こりやすくなるのです。
また血の巡りも悪化させてしまうため、それが髪の毛の健康を阻害してしまうのです。

ストレスによる薄毛を改善する方法としては、運動不足の解消と肩こり改善が鍵になります。
適度な運動はストレスを解消する働きも期待できますし、ストレスによって固まってしまった頭皮を柔らかくしてくれたり、血流を良くしてくれたりする効果も期待できます。
運動をするなら有酸素運動がおすすめです。
適度に汗をかくことができますし、息切れしない程度に運動をすることで運動によるストレスがたまりにくいからです。
無理をするとそれがストレスになってしまい、さらに薄毛や抜け毛を進行させることになりますので、無理のない範囲で運動を行う習慣をつけることが薄毛、抜け毛対策で重要になってくるのです。

top